"変な格好のやつを撮る、とBruceは言う。Eric Kimは、路上パフォーマー、ホームレス、コスプレの3つは絶対に撮ってはいけない、と言う。(言ってないかもしれない)。Kai Man Wong はトロリーを押す老女ばかり撮る、という。"

@1 day ago with 19 notes

"

難航が予想された独逸人数名との商談が呆気なく成立してしまった。 最終日打ち上げをした時
「やはりイタリア抜きだと順調に事が運びますね」
と言ったら 全独逸人がビールをジョッキにリバースして爆笑したことがあった。

どうやら日本人が想像する以上に強烈でスペシャルなネタのようですね。

"

@1 day ago with 999 notes

"
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 23:23:14 ID:nM0m+8rM0
小学校高学年から中学あたりで発生する「頑張ってるの恥ずかしい」って風潮からはさっさと抜け出さないとロクな人生送れない
"

ダイエットネタちゃんねる : ウォーキングやるやつって馬鹿じゃね? (via nyama)

そのとおり

(via odakin)

育ちがいい人は抜け出すのが早い

(via currychef)

(via futureisfailed)

@1 day ago with 1711 notes

"部下を育てるために、本当にしなければいけないのは「やり方」レベルではなく、そのやり方をなぜするのか、という「考え方」レベルで情報交換をしなければいけないのです。"

@1 week ago with 675 notes

"写真よりカメラが好きな人が本当に多いな。"

@1 week ago with 385 notes

"孫はかわいい
かわいいは正義
故に孫正義"

@1 week ago with 213 notes

"
貧乏で痩せてる奴集める(芸人の卵とか劇団員とか)

太りやすい体質か、餓鬼の頃太ってたかとか聞かれる

受かったら誓約書書いてアフターの撮影
台詞とかも全部用意してくれてる

バイト代の半分(5万円)先にもらって食べる

太ってからビフォーの撮影
バイト代の残りを貰う
"

@1 week ago with 539 notes

"

5可愛い奥様2013/05/31(金) 04:06:45.79 ID:PDS1OUwcO

旦那のスマホに見知らぬ若い美女の写真が大量に入ってた。
よく見たら全部昔の(7、8年前の)私の写真だった。
あれから24キロも肥ってまるで別人になった今の自分の姿にすっかり慣れていたせいか、その写真の女性が自分だとは信じられなかった。
"

@1 week ago with 246 notes

"「レコードはあたたかみがあった。CDはつめたい」と昔言われてたけど、そろそろCDがあたたまってきた頃でしょうかね。"

@1 day ago with 1357 notes

"

高卒の男性が大卒の女性より管理職に早くなれるのには“正当な理由”があるからです。

日本企業における“公正”な昇進・昇格の基準とはいったいなんでしょう。

経済学者の研究によれば、男女格差の要因として「週49時間以上働いているか」を加えると、日本企業の行動をきわめてうまく説明できます。さらに女性が長時間労働した場合、昇進率が大きく伸びることもわかっています。日本の会社は性差別というよりも、労働時間によって管理職への登用を決めているのです。

"

@1 day ago with 38 notes

"日本のマイクロソフト、もうちょいXbox Oneの宣伝に力入れてくれませんかね…。 ただ「正確な情報を大きな声で宣伝する」だけでいいんですよ。嬉しい誤算ではあるけど、今回「買ってからすごさに気づいた」要素が多すぎる。本体が携帯ゲームみたいに、一瞬で起動するのとかみんな知ってる?"

@1 week ago with 229 notes

"

警察「こらー歩きスマホはいかんぞー」
学生「カープの結果チェックしてるんです」
警察「今日どうだった?」
学生「負けました。この通りです」
警察「(スマホ覗いて)ありゃー」

ありゃーじゃねーよww

"

@1 week ago with 929 notes

"453 :名無しさん@おーぷん :2014/09/17(水)16:57:19 ID:???
高校時代の話を。

高校が山の上にあって、駅から市営バスでバス通学だった。
秋のうす暗い雨の日、体調崩して早退して帰りのバスに乗ってたんだけど、
変な時間のせいか、車内は私1人。
雨の音は激しくて、窓を叩く音が車内にも聞こえてくる。

そんな道中、駅までのルートの途中にある大きな墓地でバスが止まったんだよね。
扉が開いても、誰も乗ってくる気配もない。
しばらくして運転手さんが、「乗らないんですか~」ってマイクで言って、それから扉が閉まった。

でも周囲のどこを見回しても、待ってる人は見えなかった。
ただ雨に濡れる墓地の大きな門と、柵の隙間からこぼれるように咲く彼岸花の血のような赤だけが見える。

えっ、と思った後、背筋がゾーーっとしたのがスレタイ。

その後卒業を迎え、もうこのバス乗るのも最後だなーと、いつも通学ルートを運転してた
馴染みの運転手さん(上記の時もこの人)に「お世話になりました」と挨拶したら、

「こちらこそ、ご利用ありがとう。新生活頑張ってね。前はからかってごめんね」
と言われたのもスレタイ。"

@1 week ago with 357 notes

"

 古くから日本の組織では、偉くなった人が自分の気配を消して、若く優秀な人に実質的な権限をどーんと任せてしまう「そうせい候」システムと呼ばれる仕組みがあった。そうせい候の代表は、幕末の長州藩主毛利敬親である。藩士の進言を聞くと、すぐに「そうせい(そうしろ)」と言う口癖があったとのことから来るのだが、転じて、経験豊富な偉い人が、自分が最後に責任は取るのだけども、最も物事がよくわかっている若い人物に思いきって権限移譲(丸投げ)してしまうという方法のことを指す(代理システムと呼んだりもしている)。

 この方法では、功なり名を遂げた人物が上層部に居ることで組織は安定する一方で、実質的な意思決定は、物事がわかる人物によって果敢に遂行されるという良さがある。以前の日本企業では、この仕組みがかなり機能していた。

 しかしながら、この「そうせい候」システムは、“そうせい”と言う立場の人の肝が据わっていて、かつかなりの大局観がないと「そうせい」とは言えず機能しないのである。事業環境がそれなりに安定していたときには、過去の経験をもとに世界観が安定しており、危機察知なども可能だったので、普通の人でも「そうせい候もどき」くらいにはなれた。しかしながら激変する事業環境の下、またコンプライアンスや内部統制の強化という事情もあって、ほとんどの人は、「そうせい候」にはなれない。

 かといって、前線で体を張って頑張るわけでもなく、中途半端に現場に介在してくるから、老害の影響力は以前にもまして大きくなっているのである。

 本来、そうせい候にもなれず、現在のビジネスの最前線が理解できないような人は、組織の重要なポジションに居てはならないのである。

"

@1 week ago with 452 notes

"rm コマンド2、3回やらないと壊れない硬いファイルとか作りたい"

@1 week ago with 331 notes